お出汁が好きすぎて鹿児島の指宿へ「マイ鰹節」を作りに行った時の備忘録です。
(FBでは記事をアップしていたのですが、ブログに書けてなかったのであらためて書きました)




鹿児島から指宿まで、玉手箱号に乗りました。
指宿に着く前からテンション高め〜。
指宿までは、古江のリチャードの若社長ゆうさんとの珍道中でした。笑


2019.1.11 午後に指宿鰹節工場へ到着


菜の花カラーの指宿市のジャンパーと前掛け、長靴スタイルに着替えて体験スタート。
東京、大阪、広島、全国各地から超有名なイタリアン今井シェフ、フレンチ谷シェフ、にんべん出汁アンバサダー斎藤さん、鰹節や野菜の卸業者ほか食の関係者9名が指宿現地集合し、その後2つの工場に分かれての体験をさせていただきました。













着いたのが午後からだったので、鰹は捌いた状態のところをまずは見学。
工場では、捌いた鰹を煮て、骨抜きと鰹のすり身で整形の作業をされていました。まさかの!骨を1本1本手作業で抜いているのを知らなかったので、最初の大きな学びになりました。

煮た鰹を片手で持ちながら背骨に指を沿わせてパカっと背割り。慣れないのでこれがなかなか大変でした。
骨抜きを持たせてもらい、薄皮を剥ぎながら骨抜き。
荒節用には骨抜き作業まで。カビつけ熟成する本枯節にはここからすり身で整形作業。
骨を抜いた隙間にすり身を丁寧に擦り込んできれいな形に作ります。
それまで、行ったメンバーはわあ〜とかひゃ〜とか話していたのに細かな作業になってみんな黙って黙々とやっておりました。




2019.1.11 指宿鰹節工場 燻し編








※鰹節生産組合の浜村社長さん。今度広島に来て「鰹節」の話をしてくださいます。


天然薪で乾燥の部屋
機械乾燥の部屋

実際に薪をくべてる部屋へも特別に入れてもらいました。
モクモクと煙が充満する部屋で息も苦しく目が開けてられない状態でした。夜お風呂に入るまで全員の身体中がスモーキーな香りでした。

この時点ではまだカビ付けはしてない荒節です。
本枯節になるまでは半年かかります。私たちが作ったマイ鰹節は秋ごろに完成予定です。
指宿の山川では、本枯節の7割を製造していると聞きました。



2011.1.11 指宿鰹節工場 〜カビ付け・削り編〜

荒節のタール部分や脂肪部分を研磨する作業。
タール部分が残っていると、節にうまくカビが付かないそうでこちらも根気のいる大変な作業だと知りました。削りカスや鰹を煮た汁はカツオエキスに、内臓は養殖の魚の餌に、頭や骨は粉末飼料として餌になるそうで捨てるところは全くないそうです。





本枯節用のカビ付けのための湿度のある部屋も見せていただきました。カビを付けては天日で乾かす作業を何度も繰り返し、半年かけてやっと本彼節が完成します。
あいにくの曇りだったので天日干し風景は見れませんでしたが、晴れていたらすごい光景が見えたようです。またいつの日か、その光景を見にリベンジしたくなりました‼︎

鰹節全体の生産量は枕崎が知られていますが、半年以上かけてカビ付熟成して作られる本枯節の生産量は指宿産が圧倒的に多いんです。
山川の鰹節工場の職人さんたちは、そのことに誇りを持って作られているのを感じました。


山川産の鰹節は姿形、品質の良い本枯節なので、プロの料理人からも信頼されている最高級です。
今回この工程を間近で見ることが出来、体験もさせていただけたことに感謝して、さらに多くの方にお出汁の素晴らしさをお伝えしこうと思います。関係者の皆様、お忙しいところ対応していただきありがとうございました。



番外編。
港に水揚げされたカツオを冷凍保存しておくためのマイナス50度の世界も体験させていただきました。
タオルも何もかもが凍ってたカチンコチンの世界でした。


2019.1.11 指宿のキャベツ農家と地元農業高校視察
2019.1.12 そら豆農家とスナップえんどうオクラ農家視察




鰹節工場見学の後は、開聞岳麓に広がるキャベツ畑を訪れました。この時期に露地で春キャベツ。さすが鹿児島です。
みずみずしくて芯まで甘い。食関係者みんな喉から手が出るほどに欲しがっておられました。
カーボロネロやケール、ビーツなどの野菜はハウス内で栽培。ケールやプチブゥールが信じられないほど甘くて、唸ってました。

夜は指宿の市役所の皆さん、水産組合の方、生産者さんとの食の交流会にも出席させていただきました。地元の方の指宿弁は、温泉のようにほっこりとあったかくて心地良くて癖になりそうでした♨️
翌日は、ためしてガッテンにも出られたことのあるそら豆農家さんへ。試食のお多福豆や紙芝居も作っておられて、指宿そら豆への愛情を強く感じました。

収穫したてのスナップえんどうは、ジュワッと果汁のような甘さが口に広がりました。
野菜の鮮度、保水を保って流通させることが大切だと何度も言われてたのが印象に残りました。
商品を出荷してそれで終わりではなく、美味しかったと言われることもクレームも生産者の耳に入って来なければ良いものは作れないという真摯な生産者さんあってこそ、我々がこうして料理を作れるんだよね、口に出来るんだよねと訪れたみんなが感じていました。



今回の9人の指宿訪問が大きな波紋となって、指宿の豊かな食材が多くの方に知っていただく機会になること願います。
微力ながらお手伝いさせてください(^^)

道端には菜の花が咲いて、沿道でのおもてなしが素晴らしいことで有名な菜の花マラソンが行われる時でした。
今日は最高のロケーションで13000人のランナーは指宿を満喫されたんでしょうね🏃‍♂️🏃‍♂️🏃‍♀️



指宿での皆さんとの濃い旅の時間もあっというまでした。
畑を訪問した後は砂蒸し風呂チームと焼酎蔵訪問チームとに分かれました。
うさこは砂蒸し風呂へ。
波の音を聞きながら、人生初の砂蒸し体験は砂の重さにびっくりしたけど、地熱の砂がじんわりあったかくて心身ともにリフレッシュ出来ました。

お昼を食べて道の駅に寄って、東京大阪への飛行機組のと解散でした。



広島で会いましょうと皆さんと再開を約束しました。

鰹節工場の見学はもちろん、前を向いて全力で走っているマラソンランナーのようなカッコいい方達と出会えたことが今回の旅の意味だったように思います。


広島で、指宿の食の会が出来るといいなぁ(^^)

さっそく1月のレッスンではお出汁を使った鹿児島ごはんがテーマでした。♪



桜島が見えるゲストハウスに泊まり、翌日は桜島にも渡りました。



この時の指宿訪問がご縁で、10月に「広島で指宿鰹節の会」をする予定です。ますますお出汁にはまりそうです〜。




土佐包丁を購入して使って下さっている方へ。


包丁の刃物と柄の間の黒い口輪が動いたり緩んでいませんか。

緩んでしまってどうしたら良いですかと質問がありましたのでうさこ流の解決策です。


乾いている状態でボンドで口輪を接着して、またしっかり乾かしてから使っています。


切るのに影響はないですが、グラグラすると気になりますよね。

動いてしまったら、お試しください。








新見が、集中豪雨で大変なことになっていると報道されて、今朝から多くの方が連絡を下さっています。


実家は新見といっても東城に近い辺りなので被害はなさそうです。ご心配いただきありがとうございました。


新見中心部は崩れたところもあり、被害も出ていると聞いています。怖い思いをされた新見の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。



三次のお豆腐工場・東洋食品さんの「豆腐屋さんのおからパウダー」




使い方はとっても簡単♪



毎食大さじ一杯を食事に混ぜていただきます。水分と合わせる方が摂りやすいので、味噌汁やスープ、カフェオレやスムージーに入れて摂っています。




料理にも使いやすく、ハンバーグやポテトサラダに混ぜたり、シチューやカレーに混ぜたり、揚げ物の衣にも使っています。




10日間おからパウダーを摂取してみたところ。。。体重、体脂肪、ウエストがわずかですが減少しました〜‼︎




おからパウダーは食物繊維が豊富で、野菜不足が気になる方にもおすすめです。朝のお味噌汁に一杯から、気軽に食物繊維いかがでしょう。





出張レッスンやテレビのお仕事へも必ずマイ包丁を持って行きます。サラシに巻いておりましたが、「アトリエ∞ツルさん」で包丁カバーをオーダーして作ってもらいました。


レッスンの時に見てもらえますので、お気軽に言ってくださいね(^^)








「五日市ファーマーズマーケット」で見つけました♪ 


目にも鮮やかなビタミンカラーの野菜。元気いっぱいもらえますね〜🍅🌽🥒


 小さくてやわらかいオクラなので、生で食べれそうです。



8月9日中国新聞の朝刊にご注目ください。


 中国新聞に勤務の仲良しさんから、カープファンとして登場してもらえませんかと声をかけていただきました。 ユニフォームではなく、できれば制服でということで、エプロン&おたま姿です。笑 


カープ応援特集ページでうさこを探してくださいね〜♪


八幡東公民館で「夏野菜をつかった簡単おもてなし料理教室」に呼んでいただきました。


◎飾り巻寿司・四海巻き

◎サバ水煮缶でつくる冷や汁

◎中華風トマト

◎水出し緑茶


公民館の担当の方から、冷や汁を教えて欲しいとのリクエストから始まり、夏野菜を使った簡単メニュー、夏だから極力火を使わないメニューでいきましょうということで巻き寿司のメニュー構成にしました。


すし飯用ごはんはあらかじめ炊いておいたので、トマトの湯むき用にお湯を沸かしただけです。


皆さんとのやり取りが楽しすぎて、前半喋りすぎましたが、飾り巻きや巻き寿司のコツも沢山お伝え出来たと思います。皆さん喜んで帰られて企画して良かったです‼と担当の方から言っていただけて嬉しくてニマニマして帰りました。


お盆などで集まることが多い時期ですので、巻き巻きしてみてください(^^)


巻寿司やデコもちの出張教室、日程が合えば行きますのでお声かけて下さいね〜。


8月のレッスンは「おうちアウトドアパーティー♪」です。


アウトドア料理のコツ、衛生面、下準備、ゴミを出さない工夫などもお話しします。


頑張り過ぎず、楽しくてオシャレな外ごはん作って食べましょう。おうちでここまで下準備、あとは現地で皿に盛るだけ、火にかけるだけという作り方を紹介しますね。


うさこは夏らしいアロハシャツでお迎えします。笑笑

ぜひリゾート気分でお越しくださいませ🌴

お待ちしてます〜








湯来特産の「こんにゃく芋から作るこんにゃく作り体験」



湯来交流体験センターで、地元の方に昔ながらの作り方を教わりました。


(こんにゃく作りの備忘録としても書いてます)



^鬚錬看もの。洗って皮を剥き、茹でて500グラムずつに分けて冷凍ストックしておいたものを使用。芋は傷がつくとすぐに傷むので掘る時も用心しながらの作業なのだとか。


※芋の下準備も手間がかかる作業なのでここまで用意して下さっていて有難い。



↓,版槊未凌紊箸鬟潺サーにかける。



15分くらい手でよく混ぜる。最初はトロトロだったのが混ぜるうちに粘り気が出て重くなっていく。筋肉痛になる予感。。。



30分寝かせておく。


この間に、湯来ロッジで足湯体験と噂のオオサンショウウオこんにゃくをゲット。味付けしたこんにゃくなのでそのまま食べても美味しいのだとか(^^)



ッ沙瀬淵肇螢Ε狄紊鮠しずつ入れてまた混ぜる。塊がなくなるまでみんなで交代しながら混ぜました。今日の量で10個分と言われたので、10等分して丸めて水につけ、沸騰した湯で芯まで火が通るまで30分くらい茹でる。 ※けっこうアクが出ていた


※丸めるのが体験の醍醐味なので、写真に撮りたかったけど両手にゅるにゅるで撮れませんでした(涙)



茹で上がったら水にとる。



薄くスライスして塩揉み、水で流して試食タイム。まずは何も付けずにいただきました。ほんのり塩味が残っていて、さっぱりしていてすごく美味!!こんにゃく独特の臭みもなく、なめらかで1個丸ごと食べれそうでした。


刺身として食べるなら3日以内。



作ったこんにゃくはお土産として持ち帰り。さっそく食卓に並ぶ予定です♪



湯来ロッジでお昼を食べて、湯来の巻寿司名人のお宅にも寄って紫蘇ジュースをご馳走になりながら、次は辛子茄子の漬物かな〜、いや豆腐作りかな〜、など好きなことを言ってお茶して帰りました。



粉からは作ったことはあったのですが、芋から作ってみたくてやっと実現出来て楽しかったです。湯来の皆さんお世話になりました。



こんにゃく作り以外にもいろんな体験が出来ますし、温泉もあります。


ぜひ湯来にお出かけください











<<new | 1 / 114pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
COMMENT
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.